面接をクリアするためには

正社員ではなく、たとえバイトだとしても、面接にはきちんとした服装で行く方が良いでしょう。特に食べ物に関する仕事や接客業の場合は、身なりも採用する判断材料になります。清潔感のある服装で、メイクも派手すぎず、ネイルをしている場合もナチュラルカラーにしておきましょう。髪の毛が金髪であったり、あまりにも常識のない服装だったりすると、そのために不採用になることもあるので、注意しましょう。また面接の際には、ハキハキと挨拶をして言葉遣いにも気を付けることが大切です。よく聞かれる質問として、自己アピールと志望動機の二点については事前に何を言うかシミュレーションしておくと良いですね。志望動機は、給料面などには触れないようにして、その仕事をしたい理由や働き始めてからやりたい仕事内容などについて明確にしておくと話しやすいでしょう。自己アピールは部活動や趣味、特技などを簡潔にまとめておきましょう。また履歴書も、審査の対象になります。文字は書き間違えのないように丁寧に書くようにしましょう。間違えたときには修正液や修正テープを使ってはいけません。間違えた場合は、できれば再度新しい紙に記入することが望ましいです。照明写真は規定のもので、当たり前ですがプリクラはNGです。そして履歴書は、しっかりとすべて埋めることも大切です。字が綺麗であるかよりも内容が大切になってくるので、適当に書くのではなく中身の濃い履歴書に仕上げましょう。最後に、話を聞くときも、自分が話すときも、しっかりと面接官の目を見ることも大事です。受け答えは明るい笑顔で元気よく行いましょう。好印象を与えることができ、シフトの都合が合えば採用される思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です